イ・サンウ、ハン・ジへ、韓国ドラマ、黄金の庭、あらすじ、ネタバレ、29話

スポンサーリンク

イ・サンウ、ハン・ジへ、韓国ドラマ、黄金の庭、あらすじ、ネタバレ、29話

黄金の庭
イ・サンウ&ハン・ジへ共演
人生を奪われたヒロインが自分を取り戻すまでを描く波乱万丈のラブロマンス。

作品概要

韓国放送時2019年
MBC放送
全30話
脚本  パク・ヒョンジュ
演出  イ・デヨン
平均視聴率 7.41% 
最低視聴率3.6% 
最高視聴率10.4%

黄金の庭のキャスト・出演者

ウン・ドンジュ・・・ハン・ジヘ
チャ・ピルスン・・・イ・サンウ
サ・ビナ・・・オ・ジウン
チェ・ジュンギ・・・イ・テソン

29話

資料室に向かったジュンギの母を不安に思ったドンジュは追いかけた。
しかしサビーナはギヨンの親が誰かを見せようと画策していた。
ギリギリのところでドンジュは間に合いギヨンがだれか見えないようにした。
しかし明かりをつけて見えなくしたのにリモコンをつけて暗くして、ギヨンの母はハン秘書だと見られてしまった。
わざとらしく驚くサビーナ。
ドンジュに知っていたのか聞くジュンギの母とサビーナ。
しかしドンジュはハン秘書の甥だと説明した。
サビーナがわざとらしく本当?と聞くと、ドンジュは両親にもあったし本当だといった。
不愉快だたおもうからから止めただけだとドンジュ。
そして不愉快だから止めろと会長。
30年私のそばにいていつ生んだのかと否定する会長。
ドンジュはサビーナに平気で人を裏切る昔のサビーナに戻るなとお願いするが・・・。
しかし疑われたとショックを受けるサビーナ。
しかし馬鹿なドンジュは疑って悪かったと・・・。

ピルスンはソンウクの記憶が買い替えられたと信じソンウクを訪ねる。
写真を見たソンウクは頭が痛くなるが自殺したと思い込んでいる。

サビーナはドンジュに邪魔され失敗したと母に泣きついたが、つぎのてを考え、微笑む。
ソンウクは病院に行く車の中で赤い唇を見たといった。
ギヨンはサビーナ親子の車を確認するとサビーナの車に赤い唇の模型があった。
それを見て同じものだと記憶が曖昧ながらも思い出す。

ドンジュは名前と株を取り戻すことができた。
そして両親の墓参りをやっとする。
ピルスンはドンジュの両親の墓に明日婚約すると報告した。
そしてドンジュに幸せにするよと約束した。

ミジュは妊娠した。父親はギヨンで喜ぶ。父親も喜んだ。
ミジュは歌手になりたかったのに・・・。

ジュンギの母の机の上にハン秘書とギヨンの写真があった。
そこでまたジュンギの母の疑問が騒ぎ出した。
そして夫を呼ぶと確かめた。
しかし夫はしらを切った。

サビーナの母はジュンギを訪れ、母が財団を作ることは僕が折れるというと、それはだめよと止める母。
それは会長の意思ではなくドンジュとピルスンに操られているからだと。
おまけにギヨンとハン秘書も関与していると言い出す。
しかしジュンギは信じてしまう。
そのうえ、ギヨンが弟ということを暴露する。

ピルスンとドンジュの婚約式で、皆が幸せな気分になる。
ハン秘書はジュンギの父から電話をもらうが無視する。
サビーナはわざとらしくお父様がハン秘書のところに向かったと告げ口する。

ジュンギの父母、サビーナ、ジュンギがハン秘書のもとに向かった。
しかしギヨンは父親だと思ったことは一度もないと怒る。
するとジュンギの父は俺こそ被害者だと。黙って産んだんだと。
するとハン秘書は私だけの子だからジュンギの母のことは自分で何とかしろと迫る。
しかしジュンギの母はきいてしまったのだ。
しかし皆がそのことを知っていると気づき、皆がハン秘書の味方だと知った。
だから私に人徳がないからだと。
みんな知ってたのにだましていたのねと。
もう終わりよ、財団も何もいらないと母。
そして倒れてしまった。
そこにジュンギが来て連れて行った。

そこで初めてサビーナ母娘の仕業とドンジュは気づく。
ソンウクは病院にマリア像があったことを思い出した。

ジュンギの母は財団設立は白紙の戻すといったが病気は悪くなっていた。
ジュンギはサビーナに看病をお願いする。
ジュンギはサビーナとピルスンが寄付した株を返した。

サビーナはどんな病気か知るために部屋を探し回った。
ジュンギの母は目が見えなくなり少し休もうと部屋に行った。そこにはサビーナがいたが。
しかしジュンギの母は見えないのでサビーナに気づかなかった。
それを知ったサビーナは薬を盗んで部屋を出ようとしたら、ドンジュとハン秘書が立っていた。
サビーナはすぐに二人が来たので厚かましいと叫び出て行けと言った。
しかしジュンギの母はハン秘書と二人で話したいといった。

スポンサーリンク

(Visited 14 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。