オ・チャンソク、韓国ドラマ、太陽の季節、あらすじ、ネタバレ、出演キャスト、101話、残り2話

スポンサーリンク

オ・チャンソク、韓国ドラマ、太陽の季節、あらすじ、ネタバレ、出演キャスト、101話、残り2話

作品概要

タイトル  太陽の季節
韓国放送時  2019年
KBS 放送
全102話
脚本:イ・ウンジュ
演出:キム・ウォニョン
初回視聴率10.4%

太陽の季節キャスト・出演者

オ・テヤン(本名キム・ユウォル)・・・オ・チャンソク
ユン・シウォル・・・ユン・ソイ
チェ・グァンイル・・・チェ・ソンジェ

太陽の季節のあらすじ

ヤンジグループのチャン会長は都市開発を控え、経理部のチェ・テジュンに江南の土地購入を指示し、未婚で妊娠中の娘チョンヒとの結婚を勧める。
数十年後、ヤンジグループの監査として来たユウォル(オ・チャンソク)はグループの深刻な実態を知ってしまう。

101話

わしが育てたヤンジを主がいない会社にするのか?と祖父。
テヤンは育ててくれた社会に還元するべきだと。
社会的弱者に還元したいと。
私への復讐か?と祖父。
ヤンジを恥ずかしくない企業にしたくないだけだと。
私が反対したら?
それでもやりますとテヤン。
そのために株を買い集めて会長になったんですとテヤン。
仕方ない。その代わりお前と二度と顔を合わせるつもりはないと祖父。
この家にも来るな。もう孫ではないと祖父。

スポンサーリンク

ドクシルはチョン導師をセピョルと呼び・・・。
病院にいえというが、テヤンは義母が出てくるまで待つと。
どうせ芝居だとテヤンは言うがチョン導師は、明らかに以前とは違うと訴える。

テヤンは親族はどんどんクビになり会長になくついてくるが、わしは知らん、テヤンにいえと。
しかしジョンㇶは誇れる会社にしたいのだとテヤンの方をもつ。

シウォルはテヤンに先にアメリカに行きたいといった。
ジミンは韓国で暮らすのは難しいし、3人で暮らすのはしばらく無理だと。
しかしテヤンは耐えてくれと断る。

ミランがドクシルを迎えに来た。
明らかのおかしいドクシルに胸を痛める。
そして旅行に行こぷそさそった。
テヤンが帰ると私たちのことは忘れて自分の人生を生きてくれとミラン。
ドクシルはとうとう自分がセピョルになったと勘違いするまでになった。

結局シウォルはジミンと二人で韓国を離れることのなり、グァンイルにも報告に行った。
お別れに来たと。
グァンイルは以前の優しいグァンイルでたまりません。
君のことはは忘れると。

シウォルとジミンはアメリカに発つため空港に行くがテヤンは来なかった。

3年後

テヤンは退任する。その間テヤンは人気ナンバーワンの会社にして夢の職場になったとジョンㇶは入院中の会長に説明した。
シウォルとジミンが会長の病状が思わしくないと帰ってきた。
病室に行くと会長かシウォルにテヤンを連れてきてくれとお願いした。

スポンサーリンク

(Visited 3 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。