オ・チャンソク、韓国ドラマ、太陽の季節、あらすじ、ネタバレ、出演キャスト、89話

スポンサーリンク

オ・チャンソク、韓国ドラマ、太陽の季節、あらすじ、ネタバレ、出演キャスト、89話

作品概要

タイトル  太陽の季節
韓国放送時  2019年
KBS 放送
全100話
脚本:イ・ウンジュ
演出:キム・ウォニョン
初回視聴率10.4%

太陽の季節キャスト・出演者

オ・テヤン(本名キム・ユウォル)・・・オ・チャンソク
ユン・シウォル・・・ユン・ソイ
チェ・グァンイル・・・チェ・ソンジェ

太陽の季節のあらすじ

ヤンジグループのチャン会長は都市開発を控え、経理部のチェ・テジュンに江南の土地購入を指示し、未婚で妊娠中の娘チョンヒとの結婚を勧める。
数十年後、ヤンジグループの監査として来たユウォル(オ・チャンソク)はグループの深刻な実態を知ってしまう。

89話

シウォルはドクシルに母の説得をお願いすると、やってみるから彼に近づくなといった。
警察ではテヤンは黙秘を続けていた。

シウォルはもう一度グァンイルに頼むがシウォルを苦しめるためだからやめる気はないと断る。
シウォルは後悔するわよというと、君こそ後悔させてやるという。

ミランとチョン導師は二人で飲んでいると、ミランは私がおそろしいでしょう。
どうしてこうなったか・・・。
するとチョン導師は無知だから子供を取り換え、無知ゆえに愛する人に毒を飲ませた。
そして無知だから罪にない人を殺人者にするんですねと。
ファン社長が恨めしい。こんな人のために・・・。
私も罪を犯したから俗性と縁を切り、山にこもった。それが償いだと思った。
もう罪を重ねるのはやめましょうと説得した。
ファン社長がなぜテヤンにお金を残した理由を知ってますね?その気持ちを汚すなと。

スポンサーリンク

ミランはドクシルに、テヤンに罪を着せてここにはいられないからここを出ようという。
どうよ、すべてお母さんとグァンイルのせいだとドクシルは怒る。
出て行くより救うことを考えろとドクシル。
出て行くなら一人で出て行けと。私は悪くないと・・。

ファン社長を解剖したらテヤンの机から出てきた薬と同じ成分が出てきたと報告があり笑うテジュン。

ジョンㇶはミランを訪ね息子を助けてほしいとお願いした。
かわいそうな子だと膝をついておねがいする。
助けてくれたら過去は水に流すと。

ミランはテジュンと会う約束をした。
テジュンは遠くに行けと、君さえ口を割らなければテヤンが罪をかぶると。
ミランは私に薬をくれたのはあなたなのよと繰り返すミラン。
テヤンの机に薬を置いた人はもうベトナムにいったとテジュン。
ミランはその会話を録音していたのだだから薬はテジュンからもらったといったのだ。

ミランはグァンイルを呼び出すとあなたは大丈夫よ。薬をくれたのはテジュンだからと。
心配するなといった。
合わないことがグァンイルのためだと思ったというミランに祭以後まで現れなっればよかったとグァンイル。
あの家を出るからお別れを言いに来た。幸せになってとミラン。
父親のようにならないでと。

ミランはシウォルに録音した携帯と供述書を送り遠くに旅立った。

話の終わりに来ると太鼓の音のような音が聞こえるのですが、これが大好きで。もうすぐ聞けなくなるのが残念です。

スポンサーリンク

(Visited 4 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。