イ・サンウ,ハン・ジへ,韓国ドラマ,黄金の庭,あらすじ,ネタバレ,21話

スポンサーリンク

イ・サンウ ハン・ジへ 韓国ドラマ 黄金の庭 あらすじ ネタバレ 21話

黄金の庭
イ・サンウ&ハン・ジへ共演
人生を奪われたヒロインが自分を取り戻すまでを描く波乱万丈のラブロマンス。

作品概要

韓国放送時2019年
MBC放送
全30話
脚本  パク・ヒョンジュ
演出  イ・デヨン
平均視聴率 7.41% 
最低視聴率3.6% 
最高視聴率10.4%

黄金の庭のキャスト・出演者

ウン・ドンジュ・・・ハン・ジヘ
チャ・ピルスン・・・イ・サンウ
サ・ビナ・・・オ・ジウン
チェ・ジュンギ・・・イ・テソン

21話

ギヨンがそこからすぐに出てと言われ話しているときサビーナの母が来た。
そして電話を取り上げハン室長の話を聞きたくないかとほほ笑む。
サビーナの母は胎名はヨルムだと確認した後ハン秘書の母子手帳を見せた。
本当の母親がおばさんだと告げた。
ショックで動けないギヨン。

そこにハン秘書が駆けつけ問いただすギヨン。
ハン秘書はただただ泣くだけだったが、さらに既婚者との間に生まれた婚外子だったと追い打ちをかけた。

サビーナの母はピルスンに娘に手を出したから警告だと。
相手がだれであろうと同じ目にあわせるとかみついた。
ピルスンはおかげで疑いが確信になった。ミスったな。といった。
暴けるかしら?罪もないのに?とサビーナの母。

ジュンギ夫婦と両親が庭でバーベキューをしているとこにギヨンが向かった。
ギヨンはジュンギの父にハンギヨンだと名乗ると、ジュンギの父は何かに気づいたようだ。
詳しく話そうとギヨンが話し始めたときピルスンが止めに入った。
そして詳しくは父親に聞けと言って帰った。

スポンサーリンク

外に出ると僕が誰かも分からなかった。叔母がかわいそうだとギヨンは泣いた。
そしてドンジュは母親だとわかりうらやましかった。
サビーナの母を見て嘘をついてるだけで母なのかもと考えてしまったと。
するとピルスンは事実が分かっても、親の仇だとわかっても気持ちは変わらない、事実を受け入れるだけだと。

ドンジュとハン秘書はサビーナと母が移った写真を見て連絡が来た人と会った。
昔、愛人になったが男の子が生めなくて追い出されたと。33年まえの話だというがドンジュと同じだった。
その子はサビーナと名付けられた。
28年前にサビーナの母が連れて行った。それは黄金の庭のホタル祭りがあった年だ。
真っ赤な車に乗り娘を一人連れてサビーナを迎えに来た。
それはドンジュの記憶と重なる部分があった。
あとはどっちがドンジュかだ。
しかし記憶が曖昧で・・・。

ピルスンの祖母はドンジュが息子の仇の娘かもしれないのでよりを戻した以上といって遺品整理した。
その中にカメラがあった。もしかしたら・・・。

ジュンギは被害者が生きていると動画を送ってきたのになぜ帰らないか疑問に思っていると。
後悔と疑問で食欲もないとジュンギ。

ハン秘書が犯人はドンジュの母かもとピルスンに告げた。

ドンジュはサビーナ、ハン秘書はサビーナの母を問い詰めた。
するとサビーナの母は時効が過ぎてると反論した。
犯人は確かに私だけど認めさせて今更どうなるの?と開き直った。
しかしその会話をピルスンが聞いてることを知ったサビーナの母は激怒する。
もちろんピルスンは助けに来た。
時効が来たから録音しても証拠にならないと開き直る。

スポンサーリンク

(Visited 6 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。