オ・チャンソク、韓国ドラマ、太陽の季節、あらすじ、ネタバレ、出演キャスト、82話

スポンサーリンク

作品概要

タイトル  太陽の季節
韓国放送時  2019年
KBS 放送
全100話
脚本:イ・ウンジュ
演出:キム・ウォニョン
初回視聴率10.4%

太陽の季節キャスト・出演者

オ・テヤン(本名キム・ユウォル)・・・オ・チャンソク
ユン・シウォル・・・ユン・ソイ
チェ・グァンイル・・・チェ・ソンジェ

太陽の季節のあらすじ

ヤンジグループのチャン会長は都市開発を控え、経理部のチェ・テジュンに江南の土地購入を指示し、未婚で妊娠中の娘チョンヒとの結婚を勧める。数十年後、
ヤンジグループの監査として来たユウォル(オ・チャンソク)はグループの深刻な実態を知ってしまう。

82話

ドクシルは道でグァンイルに会い離婚を悩んでるというと、俺は別れる。お前も別れろといった。
同じ傷を持つものとして、あいつを忘れて別の人を探せと・・・。

ドクシルは家に帰るとチョン導師に食って掛かる。みんな知ってるのに私だけ知らなかったのはみんなおかしいと。
テヤンがドクシルに心配して声をかけると、私でも同じことをしたという。理解できると。
だから毎年誕生日にプレゼントを持って行ったじゃない。あれが謝罪だったと。
ファン社長が財産を残してくれたのは私たちを許して受け入れろってことでしょう?とドクシル。
テヤンはドクシルを心配してバカだったと。

スポンサーリンク

シウォルはジミンに誰が何といっても私の孫だといったのを思い出し考えた。ジミンを覚えてた・・・。
グァンイルがきて明日裁判所の前で会おうといった。
シウォルが離婚のことを言えずにいるとジミンは感づいていたようだ。

テジュンが挨拶に行くと会長は早く追い出せとヤン室長に命令した。
そしてジョンㇶに成年後見人の話をした。
ジョンㇶはまだ早いと・・・。

グウァンイルはテジュンにあの薬は何だったのかもう一度聞いた。
後ろに会長がいたので驚く二人。
しかし会長はおなかすいたと・・・。

朝食を食べてると熟慮期間はここにいてゆっくり行き先を決めろとジョンㇶが言うのに見るのも不愉快だとテジュン。
シウォルは朝食の後ジョンㇶに会長はジミンを覚えてたから、記憶喪失を装ってるのではといった。
シウォルとグァンイルの離婚を報告に行くとジミンの心配をしたので問い詰めると・・・。

テヤンとミンジェ親子が話し合いをした。サン社は私たちに何をしてくれますか?そういうとテヤンは、会長にはならないと。
今の経営陣が信じられないからだという。
そして検査したことを知っていて自分が誰かも知っているといった。
そこでテジュンの側に立つべきだと考えた。

シウォルは会長からテジュンが薬を渡し、ミランがファン社長をころしたこと、そして記憶喪失でないことをテヤンに話した。
ミランは何でそうなことを???

ドクシルはグァンイルを訪ね、テヤン、シウォル、ジョンㇶが知ったうえでグァンイルをだましてたと告げ口した。
グァンイルは怒り、裁判所でシウォルと会う約束を守らなかった。

スポンサーリンク

(Visited 4 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。