オ・チャンソク、韓国ドラマ、太陽の季節、あらすじ、ネタバレ、出演キャスト、81話

スポンサーリンク

作品概要

タイトル  太陽の季節
韓国放送時  2019年
KBS 放送
全100話
脚本:イ・ウンジュ
演出:キム・ウォニョン
初回視聴率10.4%

太陽の季節キャスト・出演者

オ・テヤン(本名キム・ユウォル)・・・オ・チャンソク
ユン・シウォル・・・ユン・ソイ
チェ・グァンイル・・・チェ・ソンジェ

太陽の季節のあらすじ

ヤンジグループのチャン会長は都市開発を控え、経理部のチェ・テジュンに江南の土地購入を指示し、未婚で妊娠中の娘チョンヒとの結婚を勧める。数十年後、
ヤンジグループの監査として来たユウォル(オ・チャンソク)はグループの深刻な実態を知ってしまう。

81話

グァンイルはシウォルを呼び出し離婚しようといった。自由にしてやる。見合い相手と結婚すると・・・。
俺を嫌ってる女には未練がないという。
大学時代から俺を好きだそうだ。復讐目的で近づいた君とは違う。
シウォルはお礼を言い、忘れてくれとお願いした。

スッキたちがテヤンとジョンㇶの親子鑑定をした結果が出た。
そして息子だとわかり放心状態。
ミンジェだけが孫という希望が無くなったのだ。

ジョンㇶはグァンイルが再婚すると聞き、喜んだ。
テヤンも社長に戻り、父も記憶がなくなったものの意識がもどったっと。

グァンイルがテジュンに呼ばれ離婚を喜んだ。
しかしグァンイルは離婚しなければシウォルを殺す人だとわかったからだと思ったからだ。
ファン社長の遺言でチョン導師がしばらくテヤンの家にいることになった。
生前、ファン社長は私たちがいなくなったらテヤンとドクシルが2日になるのが不安だから住んでくれとお願いされたのだ。
2人が離婚するまで・・・。そしてドクシルの邪気を払ってほしいと。

スポンサーリンク

ミランは自殺しようとしてドクシルを思い出す。

会長が退院してきた。
スッキは知らなかったと怒る。
しかし会長はおばさんたちが娘なんて・・・という。

ミランはテヤンを呼び出し、謝りかけたのを遮り知っているとテヤン。
知っていながら一緒に暮らしたのは謝罪する機会を与えたかったからだと。
死にたいがファン社長から2人を離婚させる約束をしたから今は死ねないとミラン。
それまではあの家に居させてもらうと。
どうしてドクシルに話さないの?と聞くと、自殺しそうでとテヤン。
ファン社長が謝ってくれたのでお義母さんを\許そうとおもいますとテヤン。

テジュンは今は理事が4人づつの同じ人数だからスッキの夫がキーパーソンだと考える。
取引しないと彼はこっちにつかないと秘書が言う。グループ分離をと秘書。
そこでテジュンは5つの会社を与えると提案した。
しかし納得しなかった。子会社5つでは話になりませんと。
そしてテヤンに条件を聞くことにした。

ジウンにもグァンイルが離婚して再婚する話が耳に入った。
直接確かめに行くと、総会で味方になってほしいt頼まれた。

ジミンが会長にあいさつに行くと抱きしめて喜んだ。私のひ孫だと・・・。
心配して身に来たシウォルは驚く。

睨んはドクシルを呼び出し事実を話し、テヤンを自由にしてあげようといった。
ドクシルはひとり考えた。そして行き着いたさきに、なんで私が罰を受けるの?と考えた。
ドクシルは道でグァンイルに会い離婚を悩んでるというと、俺は別れる。お前も別れろといった。

スポンサーリンク

(Visited 3 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。