オ・チャンソク、韓国ドラマ、太陽の季節、あらすじ、ネタバレ、出演キャスト、80話

スポンサーリンク

作品概要

タイトル  太陽の季節
韓国放送時  2019年
KBS 放送
全100話
脚本:イ・ウンジュ
演出:キム・ウォニョン
初回視聴率10.4%

太陽の季節キャスト・出演者

オ・テヤン(本名キム・ユウォル)・・・オ・チャンソク
ユン・シウォル・・・ユン・ソイ
チェ・グァンイル・・・チェ・ソンジェ

太陽の季節のあらすじ

ヤンジグループのチャン会長は都市開発を控え、経理部のチェ・テジュンに江南の土地購入を指示し、未婚で妊娠中の娘チョンヒとの結婚を勧める。数十年後、
ヤンジグループの監査として来たユウォル(オ・チャンソク)はグループの深刻な実態を知ってしまう。

80話

ヤンジはグァンイルのものだと!!
テジュンは笑いがこみあげてくる。

その時チャン会長が目を覚ました。
ジョンㇶとシウォルとスッキ一家は病院に向かった。
皆が声をかけても反応がない。記憶喪失だという。

テヤンはソウルに戻ることにした。チョン導師は話があるからあとで会いに行くといった。
テジュンはチャン会長が目を覚ましたが記憶がないと笑いながらグァンイルに説明する。
早く離婚して再婚し、我々の帝国を作ろうと。

スポンサーリンク

グァンイルが見舞いに行き、会長に話しかけると横を向いてしまう。
テヤンが見舞いに来た。テヤンは孫だと明かすも会長は無反応だ。
しかしテヤンが帰ると会長は泣いていた。

テヤンが帰ると弁護士がいて、お金はテヤンに、家とビルをミランに、寺と山林をチョン導師にというものだった。

チャン会長はファン社長が語りかけたことを覚えていたのだ。お詫びとして財産をすべて渡すといった。
ミランを許しテヤンを受け入れてくれというものだった。

スクヒはテヤンがジョンㇶの初恋の人に似ていることを思い出し、テヤンの正体が分かったという。
テヤンは姉さんの実の息子だと・・・。

チョン導師はファン社長のお金を有意義に使ってくれる人は君しかいないという。
そしてここで暮らせとファン社長に言われたという。

テジュンは会長の青年後見人になり、ファン社長の株を買いあさろうと提案する。
そこに秘書が入ってきてテヤンがサンの社長に戻ってすぐに臨時株主総会を提案した。
そしてファン社長はテヤンに全財産をにのこしたといった。

ミンジェはテヤンとジョンㇶの親子鑑定をしたかった。
そのためにテヤンの髪を抜いた。マッサージすると言って。
そして親子鑑定した。

グァンイルはシウォルを呼び出し離婚しようといった。自由にしてやる。見合い相手と結婚すると・・・。

スポンサーリンク

(Visited 5 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。