オ・チャンソク 韓国ドラマ「太陽の季節」のあらすじ ネタバレや出を演キャスト79話

スポンサーリンク

作品概要

タイトル  太陽の季節
韓国放送時  2019年
KBS 放送
全100話
脚本:イ・ウンジュ
演出:キム・ウォニョン
初回視聴率10.4%

太陽の季節キャスト・出演者

オ・テヤン(本名キム・ユウォル)・・・オ・チャンソク
ユン・シウォル・・・ユン・ソイ
チェ・グァンイル・・・チェ・ソンジェ

太陽の季節のあらすじ

ヤンジグループのチャン会長は都市開発を控え、経理部のチェ・テジュンに江南の土地購入を指示し、未婚で妊娠中の娘チョンヒとの結婚を勧める。数十年後、
ヤンジグループの監査として来たユウォル(オ・チャンソク)はグループの深刻な実態を知ってしまう。

79話

テヤンはミランに社長をよろしくと伝えた。
テヤンはファン社長が寝てるのを確認し、ミランは仕事に出かけた。

いよいよテヤンが出かけようとしてファン社長を迎えに行くとファン社長は起きないので救急車を呼んだ。
ファン社長の心臓は止まっていた。
ドクシルがミランにファン社長のことを伝えた。ミランはその場で気を失った。

テジュンとグァンシルはわかっているようだが・・・。
ジョンㇶとシウォルはまだ確信していた。
総会後テジュンはグァンイルと別荘へ行くとジョンㇶに伝えた。
その時電話があり、総会が中止になったとテジュン。
ファン社長がなくなったという。
テジュンはわかっていたが、グァンイルは驚いていた。

スポンサーリンク

これで安泰だとテジュン。
お前も私も薬を渡してないとテジュン。
これですべてが完璧だと。
恐ろしい・・・。

チョン導師もファン社長が死んだことを聞き、涙する。
チョン導師は葬式には誰も呼ぶなとの遺言だった。それでチョン導師、テヤン、テヤンの友人ギジュンの3人で見送った。
ミランはドクシルになんで葬儀に行かなかったのかと聞かれる。
死にたいとミラン。
そこでミランはグァンイルに頼まれた薬を思い出す。
そして薬が何か調べた。すると心筋梗塞を起こす危険な薬だといわれる。
よくも私にこんなこと・・・。

ミランはグァンイルに会い、お願いだから父親のようになるなと泣いた。
私のように天罰が下るという。
我が子が不幸になるのは見たくないと・・・。
息子がくれた薬で愛する人を死なせたと心でつぶやきなく。こんな天罰はない・・・。
そして元の持ち主に戻せと諭した。

グァンイルも知らないものの疑っていた、しかしミランに反発もある。

グァンイルが一人飲んでると見合い相手が来た。そこで僕はチャン会長の孫じゃないと教えた。
すると知ってると、お母さんから聞いたと。お母さんはあなたが不幸になることを恐れていると。
そして逆に良かったと答える。

テジュンは家に帰るとジョンㇶに君の計画が台無しになったなという。
これも運命だうけいれろという。
そして今まで通り生きていこうと提案する。
眠るようになくなったそうだ。お義父さんもそうなればいいのにと。
ヤンジはグァンイルのものだと!!
テジュンは笑いがこみあげてくる。

その時チャン会長が目を覚ました。

スポンサーリンク

(Visited 4 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です