オ・チャンソク 韓国ドラマ「太陽の季節」のあらすじ ネタバレや出を演キャスト74話

スポンサーリンク

作品概要

タイトル  太陽の季節
韓国放送時  2019年
KBS 放送
全100話
脚本:イ・ウンジュ
演出:キム・ウォニョン
初回視聴率10.4%

太陽の季節キャスト・出演者

オ・テヤン(本名キム・ユウォル)・・・オ・チャンソク
ユン・シウォル・・・ユン・ソイ
チェ・グァンイル・・・チェ・ソンジェ

太陽の季節のあらすじ

ヤンジグループのチャン会長は都市開発を控え、経理部のチェ・テジュンに江南の土地購入を指示し、未婚で妊娠中の娘チョンヒとの結婚を勧める。数十年後、
ヤンジグループの監査として来たユウォル(オ・チャンソク)はグループの深刻な実態を知ってしまう。

74話
テヤンが身分を偽ってきたことが公になったのだ。
親友は身分を偽るしかなかった理由を明かせというが・・・。
しかしテヤンは待ったをかけた。

テジュンはグァンイルにお前か!逆風が吹いたらどうすると責めると、それはその時考えるという。
これで合併無効訴訟が流れるかも・・・。
そう心配するミンジェ。しかしDNA鑑定はしてみようと・・・。

テヤンが身分を偽っていたことは世間を騒がした。
ジョンㇶの妹のスッキはDNA鑑定するために白髪を抜いてやると髪の毛をゲットした。

スポンサーリンク

ファン社長はミランに
テジュンとはどういう関係か聞いた。
ミランは動揺してどうしてそれを酔聞く。
するとミランは私がどんなに悪い女か知らないでしょうねという。
そしてミランは若い時テジュンの子を人したがおろせと言われ、おなかを踏みつけられたと告白した。
子供は?と聞くと産んだとミラン。
それがグァンイルか?と聞くファン社長。
ミランはとても驚いたがファン社長はテヤンから聞いたが、偶然二人の会話を聞いたことにした。
テヤンに言わないでほしいとミラン。
それを聞いたファン社長は苦しみながら生きるのはやめろと・・・。
しかしドクシルが結婚している間はだめだとミラン。

テジュンがミランと話しているのをグァンイルが見てしまう。
その光景は不思議なものに見えた。

ジミンはお母さんの息子だということが分かったから、お母さんがここにいるから帰ってきたという。

グァンイルはテジュンにミランと一緒にいたのを見たよという。
どうして?という質問に動揺するテジュン。
ジミンとシウォルは受け入れないぞとごまかした。
しかし声からミランが実母だと気づいてしまった。

テヤンは静かなところに行って考えたいと行き先を告げず出て行った。
テヤンが身分を偽っていたことから合併無効訴訟をやめる企業がたくさん出てきた。

テヤンは理事会で取締役を解任された。
自分の作った会社から追い出されたと・・・。

スポンサーリンク

(Visited 5 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。