オ・チャンソク 韓国ドラマ「太陽の季節」のあらすじ ネタバレや出を演キャスト73話

スポンサーリンク

作品概要

タイトル  太陽の季節
韓国放送時  2019年
KBS 放送
全100話
脚本:イ・ウンジュ
演出:キム・ウォニョン
初回視聴率10.4%

太陽の季節キャスト・出演者

オ・テヤン(本名キム・ユウォル)・・・オ・チャンソク
ユン・シウォル・・・ユン・ソイ
チェ・グァンイル・・・チェ・ソンジェ

太陽の季節のあらすじ

ヤンジグループのチャン会長は都市開発を控え、経理部のチェ・テジュンに江南の土地購入を指示し、未婚で妊娠中の娘チョンヒとの結婚を勧める。数十年後、
ヤンジグループの監査として来たユウォル(オ・チャンソク)はグループの深刻な実態を知ってしまう。

73話

ヤン室長が警備の人たちに飲み物を渡すと皆眠ってしまった。
男が会長の部屋に入り枕を顔にかぶせると、見越していたヤン室長は怪しい男が向かったと通報した。
会長と思われた男は変装していて怪しい男を追っていった。そのあと会長はヤン室長と戻ってきた。
失敗したと知ったテジュンは怒り狂う。
警備員がヤン室長からもらった飲み物を飲んだと知りヤン室長か?とつぶやく。

スポンサーリンク

ヤン会長はシウォルから相談されていたのだ。
ジョンㇶはこの事件をきっかけに警備員を変えると院長にいった。信用してたのにがっかりですと。
テジュンはヤン室長が配ったものでない飲み物から睡眠薬が出たという。
テジュンのとこにジョンㇶが来て、軽便を買えたことを責めるので、当然だとジョンㇶ。
お父さんは私が守るからあなたは仕事に専念してとジョンㇶ。
だからお父さんとジミンは私に任せてと。

合併無効訴訟にたくさんの企業が賛同したので勝つ確率はほぼゼロになったとテジュンに報告があった。
テジュンはグァンイルにこのままでは合併が白紙になるがテヤンに負けていいのかと。
グァンイルは実母のことを聞いたがテジュンは知らないと言って答えなかった。
ジョンㇶの妹一家はDNA鑑定はおかしいと・・・。
もう一度自分たちで集めて鑑定しようと。

ジョンㇶはテヤンに今のうちに会長に会ったほうがいいという電話をした。
テヤンは今までのことを考えると複雑な気持ちだが会いに来た。
また囲碁をしようと・・・。

グァンイルがジミンを迎えに行くとテヤンにお別れを言ってから明日帰ると約束したのでグァンイルは家に帰った。
テジュンはグァンイルに合併が無効になるかもしれないのに他人の子なんかとおこる。
ジミンも会社も守るとグァンイル。
テヤンを破滅させてやるという。
そしてその日がやってきた。テヤンが身分を偽ってきたことが公になったのだ。

スポンサーリンク

(Visited 4 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。