オ・チャンソク 韓国ドラマ「太陽の季節」のあらすじ ネタバレや出を演キャスト69話

スポンサーリンク

作品概要

タイトル  太陽の季節
韓国放送時  2019年
KBS 放送
全100話
脚本:イ・ウンジュ
演出:キム・ウォニョン
初回視聴率10.4%

太陽の季節キャスト・出演者

オ・テヤン(本名キム・ユウォル)・・・オ・チャンソク
ユン・シウォル・・・ユン・ソイ
チェ・グァンイル・・・チェ・ソンジェ

太陽の季節のあらすじ

ヤンジグループのチャン会長は都市開発を控え、経理部のチェ・テジュンに江南の土地購入を指示し、未婚で妊娠中の娘チョンヒとの結婚を勧める。数十年後、
ヤンジグループの監査として来たユウォル(オ・チャンソク)はグループの深刻な実態を知ってしまう。

69話

夜になりおなかすいたジミンは荷物も取られお金もないし心細くなる。
ジミンはテヤンの家に行った。おじさんがお父さん?ジミンはここで暮らしたいという。行くところがないんだと。
シウォルとグァンイルが警察に届けようとしたときにテヤンから電話がありジミンが来たというのでひとまず安心した。
テヤンは何で家出したか聞くと、お母さんに会いたくなかったと告白した。

夜シウォルはジミンの荷物を持っていくが会えずに帰った。
家に帰るとグァンイルがジミンが帰ってこないことをしりがっかりする。
育ててなくても父親だからと。あなたは母親が気にならない??

テジュンが出て行ってくれたと喜ぶとジョンㇶは血のつながらないグァンイルを愛情もって育てたのに、ジミンを育てるというグァンイルを応援しないと・・・。
朝、シウォルがジミンを待ち伏せして話があるといっても取り合ってくれない。
ドクシルが来て、私でも母が同じ事したら許せないという。

まだ皆に打ち明けるのは早いというテヤンにシウォルは計画を聞いた。
すると危険だと心配する。
しかし3人で暮らすためだと。

テヤンはミンジェを呼び出し、手を組もうと提案した。
ミンジェは父と相談して・・・。
新薬の会社をくれなければ訴訟を起こすと駆け引きする。
しかしテジュンは引き下がらなかった。

グァンイルがジミンを待ち伏せして謝った。
だから一緒に帰ろうというと、ママに逢いたくないとジミン。
その途中でドクシルが連れて行ってしまった。

ジミンがテヤンの家に行ったことでグァンイルは疑問をもった。テヤンとシウォルが組んでるのでは?
テジュンはミンジェたちに新薬を渡すしかないとグァンイルに相談する。
そしてジミンをテヤンに渡し、シウォルと離婚しろともう一度いった。

ミンジェたちがテヤンの提案を保留にしたのでテヤンはついの手に出た。

スポンサーリンク

(Visited 9 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。