韓国ドラマ「ヨンワン様のご加護」あらすじ ネタバレ 16話

スポンサーリンク

作品概要

韓国に伝わる民話『沈清伝(シムチョンデン)』をモチーフにした感動の物語。
絶対色覚を持つヒロインと世界を白黒で見るピアニスト、
運命で結ばれた2人が繰り広げるヒューマンラブストーリー!
1億色もの色を見分ける“絶対色覚”を持つポジティブヒロインと色が見えない男性ピアニスト、不思議な運命でつながった2人が親同士の因縁、
幼い頃の事件の謎を解き明かしながら人生の美しさ、家族の愛に気づいていく。

タイトル  
韓国放送時 2019
MBC放送
全121話
脚本 チェ・ヨンゴル
演出 チェ・ウンギョン

ヨンワン様のご加護のキャスト・出演者

イ・ソヨン ・・・シム・チョンイ
ジェヒ ・・・マ・プンド
チョ・アン ・・・ヨ・ジナ
キム・ヒョンミン ‥・ペク・シジュン

ヨンワン様のご加護のあらすじ

16話

スポンサーリンク

所長はおば???と頭を傾げた。
アラスカにいるんだけど・・・。
チョンイは酔った所長から手伝ってもらう覚書をもらっていたので絵の具が足りなくなれば補充してもらったりした。
プンドは祖母と偶然会い、チョンイの義父の無罪を訴えた。
絵が偽物なら?と言ったらチョンイも同じことを言ってたという。
言いたいことがあるなら正式に意見を提示しろと会長。
そして家に帰ると偽物だという噂はどうなってるのかとピルドゥに言った。
シジュンは母からジナとの関係を聞かれた。
しかしシジュンは答えないが、養女が寝言で行ってたと教えた。
ジナは母に電話するとチョンイのことを尋ねた。
プンドは証明するために、チュボグループへ行くことを決意した。
そして、チョンイに美人図を見せてあげてほしいことと、彼女の絵の鑑定と美人図の再鑑を希望した。
祖母は鑑定終了後にこちらの希望を言うと言った。
会長はさっそく美人画を鑑定するべく動き出した。
そしてチョンイが直接美人画を見たと聞くとプンドぅは買収できそうな鑑定家を集めろと命令した。
倉庫整理をしているジナの所へピルドゥがきて明日の鑑定委員会に妹が来たら困ると言った。
チョンイは実際に絵を見て偽物だったので大喜び。
やと無実の証明ができるとはしゃぐ。
そんなはしゃぐ2人を見てジナは面白くない。
ジナは危ない目に会うかもしれないと自分の家に連れてきて、いざ出発の時は母が借金取りが暴れたと言った。そしてけがをしたという。
絵をジナにたくしチョンイは病院に行った。
家に帰ると家はぐちゃぐちゃで義母は痛い痛いと叫んでいる。
会長は鑑定員を補充して参加した。
ピルドゥは先に偽物だと発表し犯人は本物と入れ替えたという。
そしてこれが本物だと見せる。

スポンサーリンク

(Visited 58 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。