韓国ドラマ「ヨンワン様のご加護」あらすじ ネタバレ 14話

スポンサーリンク

作品概要

韓国に伝わる民話『沈清伝(シムチョンデン)』をモチーフにした感動の物語。
絶対色覚を持つヒロインと世界を白黒で見るピアニスト、
運命で結ばれた2人が繰り広げるヒューマンラブストーリー!
1億色もの色を見分ける“絶対色覚”を持つポジティブヒロインと色が見えない男性ピアニスト、不思議な運命でつながった2人が親同士の因縁、
幼い頃の事件の謎を解き明かしながら人生の美しさ、家族の愛に気づいていく。

タイトル  
韓国放送時 2019
MBC放送
全121話
脚本 チェ・ヨンゴル
演出 チェ・ウンギョン

ヨンワン様のご加護のキャスト・出演者

イ・ソヨン ・・・シム・チョンイ
ジェヒ ・・・マ・プンド
チョ・アン ・・・ヨ・ジナ
キム・ヒョンミン ‥・ペク・シジュン

ヨンワン様のご加護のあらすじ

14話

スポンサーリンク

美人画が傷つけられた時一人だけいた人だとチョンイの義父が捕まった。
警察でなぜ一人で行ったのかと聞かれると「絵が観たかったから」と歯切れが悪い。
義母はチョンイにジナに迷惑かけるなとくぎを刺す。
ウソンはシジュンが酔って店から追い出されるとこを目撃した。
こんなことろで寝たら死ぬぞとウソンが起こしても寝てしまう。
そしてウソンは家まで連れて帰ってきた。
チョンイが美人画が傷つけられた現場に行くが入れてもらえない。そこに所長がきて何とかはいれた。
所長は私に連絡がないということは内密にすませるのねと言う。
ビニールハウスに向かってたチョンイの所にウソンが来た。契約してる警備会社があるのになんでおじさんが?とウソン。
そんな人じゃないと知ってるというウソン。
元気のないチョンイの後ろ姿にまたあの絵のせいで事件が起きたと・・・。
チョンイの義父は確かにおれは泥棒だが・・・どうなってるんだ?と悩む。
チョンイは義父に会いに行くと絵を見に行ったのではなくジナに会いに行ったにでは?とといただすが黙っている義父。
ジナが疑われたら困るから黙っていようと義父。
ジナは美人画をアップしたものの携帯をきっていたので何も知らず本社に呼ばれた。
一方チュボグループの会長でウソンの祖母は激怒していた。
何故早く知ら得なかったかと。
美人画の破損状況は?と聞くと悪者のピルドゥは出来る籠利修復させるという。
ジナは美人画が傷つけられ、父が捕まり、ジナに会ったことを話していないことを知った。
ウソンが調べたとこによると今回のまとめ役はピルドゥだとわかった。
原材料の所長はあの絵の件で左遷されたらしいtpチョンイは聞いた。
絵は偽物だと言って左遷されたらしいと。
ウソンは計便に色々聞く、ピアニストのウソンのファンらしくペラペラと。
普通は臨時の警備員を雇うことはないらしい。
チョンイは所長に美人画が偽物であることを尋ねたが突き放される。
私にはわかるんですとチョンイが言うと、所長はチョンイをテストし始めた。
そして絶対色覚だと驚く。自覚のないチョンイはそれは何ですか?と尋ねる。
すると所長は美人画像が偽物だとして、チュボは何のためにそんなことを?と尋ねた。
俺を私が調べるとチョンイ。
所長は無理に決まってると。
ジナはぶつかった男を見かけるとその男はピルドゥの秘書だった。
絵を見たいとごねるチョンイにウソンが何故?と尋ねる。
普通は警備員をもっとやとうらしい。
それの防犯カメラが一斉に故障するのも異常だと。
だからわざと手薄にして盗ませたという。
そこに義父が居合わせたという。
にせものだから。とチョンイ。
だから直接見たいんだとチョンイ。
チョンイは義父に私を信じて待っててと・・・。

スポンサーリンク

(Visited 27 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。