鶏龍仙女伝 あらすじ ネタバレ 韓国ドラマ 15話

スポンサーリンク

ムン・チェウォン ユン・ヒョンミン ミナ(gugudan) コ・ドゥシム 鶏龍仙女伝 あらすじ ネタバレ 韓国ドラマ 1話~16話

全16話 

キャスト・俳優

ムン・チェウォン・・・ソン・オクナム

ユン・ヒョンミン ・・・チョン・イヒョン

ミナ(gugudan) ・・・ジョムスン

コ・ドゥシム ・・・ソン・オクナム

キム・クム・・・ソ・ジフン

脚本  ユ・ギョンソン

演出  キム・ユンチョル

あらすじ

「仙女と木こり」の童話をモチーフにした人気のウェブ漫画を原作にしたファンタジーロマンス

生物学准教授チョン・イヒョン(ユン・ヒョンミン)は、助手のキム・グム(ソ・ジフン)と一緒に、グムの実家へ行くことに。

コーヒーが好きなイヒョンは、道中で鶏龍(ケリョン)山の中にある喫茶店に入る。

一方、木こりだった夫の生まれ変わりを699年間もの間待ち続けている仙女ソン・オクナム(コ・ドゥシム)は、鶏龍山の喫茶でバリスタをしながら、娘チョムスン(ミナ(gugudan))と暮らしていた。

喫茶店を出たイヒョンとグムは道に迷い、ある滝つぼを見つけると、そこには若い姿に変身し水浴びをするオクナム(ムン・チェウォン)がいた。

次の日、再びオクナムの喫茶店を訪れたイヒョンは、初めて見たはずの猫に化けたチョムスンの名前を呼んだのだった。

オクナムを九尾の狐だと勘違いしたイヒョンは、グムと一緒に逃げるようにソウルに戻っていった。

オクナムは滝つぼに入ってきたこと、チョムスンの名前を知っていたことから、イヒョンが夫の生まれ変わりだと確信しソウルまで会いに行くことに。

15話

チョン教授は思い出した。

俺は村人に捨てられてた子供で名前はイジだった。そして信じていた共に裏切られ

天からすてらられた。

オクスンはイジがどうなったのかどうして一緒に展開を去ったのかわすれていたことを

思い出した。

美しいものだけを追い求めるオクスンには醜いものは見えないだろうと冷たく当たるイジ。

羨ましくてつらかったとイジは言う。

グムや木が死んでしまうからもうやめようと頼むが私を大切に思ったことは無いだろうとイジ

は言う。

その時母さんをいじめるなとチョンスンが寅になって頭に兄を載せてくるが失敗する。

そのあとを3人の仙人が助けにくる。

チョン教授はク仙人に昔あったことがある。

水が飲みたかっただけなのに執拗に狩りをした。

そのときであったのはバウセだった私はあるのにバウセは記憶がなかった。

ひとつお願いがある。あそこの仙女の服をいつ持ってきて私に着せてくれとお願いした。

しかし着せると普通のふくになってしまった。

その時目が合いオクスンとバウセは再会したのだ。

すべてを手に入れたお前は私のことを考えたことがあるか>とグムに言うチョン教授のイジ。

グムにさらに火を。

グムは日に囲まれるがオクスンはグムに駆け寄り頭の花をグムにつけてあげた。

大丈夫?けがはない?とオクスンに聞くグム。しして抱きしめる。

涙をうかべて見つめるチョン教授。

グムは教授に火を収めるようにお願いする。

本当はこんなことしたいんじゃないでしょう?

うらみたいわけじゃないんでしょう?

恨みたくなくて、許したくてくるしんでたでしょう?

その時教授の前にイジが現れ助けて。とお願いした。

苦しい。私は生まれ変わってもこの苦しみからは移封されない。ここも私も消させて。

そこにボンテが現れた。ボンテは南斗聖君でちょむドルにちかずくと立派な青龍だという。

雨と雲、稲妻までおさめるわという。

するとチョルドムは光だし巨大な青龍になり光を放つ。

チョン教授は初めてオクナムのコーヒー店に戻っていた。

夢だったのか?戸惑う教授の所へボンテが現れた。

コーヒー店の社長というとさっきの聞いてた?南斗聖君だという。

やはり夢じゃないと思う教授。

どの時代かきくべきじゃないの?とボンテ。

そしてついて来いと言う。

そこは仙女の滝に続く道だった。

そこで石を積み上げ向かったのが教授が向き合うべきところだ。

そこは教授がといこめられたとこだった。

一人の女の子が走って粥を持ってくるが火事でイジは死んでしまう。

もっと早くくれば粥がたべられたかもとボンテが時間を戻すもやはりかじでイジは

死んでしまう。そして女の子も死んでしまいバウセとなったと聞く。

和尚が死んだ2人を仙人にしてくれをお願いする。北斗聖君はどんな縁をむすぶのか気になると了解すます。

パウセはイジがこのままでは死んでしまうから助けてくれと北斗聖君に頼みに行きます。

その代わり選仙籍を返すというパンセ。

人間界にもどると苦労するのになぜ?というとイジが助かるならかまわないという。

お前は仙籍を失ったら記憶もなくなるんだぞ?

そしてお前は貧しい男に生まれ変わりオクスンに再会する。

そして結婚して二人の子に恵まれるが早くに死んでしまう。

お前が忘れられないオスクンは人間界に残りお前の生まれ変わりをまつがオスクンも記憶を失い

お前に気が付かないだろう。そしてお前の記憶をもった男と出会い夫だと信じることになる。

お前はそれを見て心を痛めるだろう。

バウセ。最後までイジの痛みをともにできるのか?と北斗聖君。

そして人間界に去ったのだ。

チョン教授に北斗聖君はまだ腹は減ってるか?お前の飢えを慰めるため全宇宙が動いたんだぞ。という。

オクナムのコーヒー店に戻ってきた教授。

コーヒーのまないですか?口にあいませんか?と心配するグムをしみじみ眺めようやつめ。と思う。

俺に粥をたべさせるためにここまできたのか?と聞く教授。

コーヒーの中の虫を話してやると蝶になり追いかけると和尚がいて頭をなでてほめてくれた。

それに涙する教授。

そして森の中に戻ると青龍になったチョムドルが雨をふらせ火を消した。

北斗聖君とボンテと和尚があらわれオクナムに元気だったかと声をかける。

バウセに手を広げる北斗聖君。しかしグムが駆け寄ったのはチョン教授だった。

大丈夫ですか?と抱き着くグムを抱く教授。

そして皆が見てることがわかると向ういけと照れる教授。

そしてオクスンも駆け寄り二人を抱きしめた。

神界に戻ろうとした北斗聖君にグムはオクナムはどやったら仙界に戻れますか?と聞く。

僕のせいですと訴える。

失った羽衣はもうもどっておると北斗聖君。

家にもどって箪笥を開けろと言ってましたとグムに教えられオクスンは羽衣をみつけた。

それはグムがプレゼントした服だった。

羽衣が見つかったら仙界に行くんですか?と聞くとオクスンはとても恋しいと答えた。

グムは行かないでくださいとお願いする。

記憶は戻ったけど今の僕は給料も安いし、道にも迷うし、仙女様を引き留めてはいけないと

思うけど!!そこでオクスンはキスをしてグムは完璧だという。

そにままで。

今度はグムからキスをする。

スポンサーリンク

(Visited 21 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。