世界で一番可愛い私の娘 あらすじ ネタバレ 12話

スポンサーリンク

世界で一番可愛い私の娘 あらすじ1話~100話 韓国ドラマ ネタバレ キム・ヘスク キム・ソヨン キム・ハギョン ユソン ホン・ジョンヒョン

全100話
演出   キム・ジョンチャン
脚本   チョ・ジョンソン

出演者・キャスト

キム・ヘスク・・・パク・ソンジャ
キム・ソヨン・・・カン・ミリ
キム・ハギョン・・・カン・ミへ
ユソン・・・カン・ミソン
ホン・ジョンヒョン・・・ハン・テジュ
キ・テヨン・・・キム・ウジン

あらすじ
3人の娘の母は大忙し。ソルロンタン社長もしながら母もしている。
長女にミソン(ユソン)は結婚していて子供もいながら働いている。
次女はキャリアウーマンのミリ(キム・ソヨン)。
三女は小説家志望でニートのミヘ(キム・ハギョン)。この4人の日常生活を描く。

12話

ミリはあの子は姪で子持ちに見える?と怒る。
ミソンは子供からミリが号泣したことを聞いて胸が痛んだ。
夜ソンジャはミリに電話をして結婚しないと言ったけど、私は貴女が結婚して子供を産むのを見てから死ぬと言った。
次の日の朝、ミソンの家ではミソンの夫がソンジャに愛想を振りまき、愛してると言って出ていった。嬉しそうなソンジャ。
ミリは今日は先日はエレベーターを締めてしまったがミリの介抱をしてくてたこともありエレベーターを開けて待っていてくれた。
うれしそうなテジュ。ミリはみんなの手前もあるので少しずつ雑用は減らすと言う。
テジュは父から、ミリはインスクから電話がある。
ミソンは契約したウジンの編集者に行くと、カフェやら掃除やら犬の散歩の仕事だった。
テジュは父を訪ねる。会社を譲るつもりだがだれの息子か内緒にしとくようにと言われる。
そしてミリの事も根掘り葉掘り聞かれる。どうやら男女として心配しているようだ。
そのころミリはインスクと夕飯を共にしていた。
友だちになりたいが年が離れているから親子かしら?とインスク。
私に聞きたいことある?とインスク。
アナウンサー時代から知っているのでよく知っています。娘さんが1人いるとか。その娘さんはどうしてます?とミリ。

スポンサーリンク

(Visited 75 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。