世界で一番可愛い私の娘 あらすじ ネタバレ 13話

スポンサーリンク

世界で一番可愛い私の娘 あらすじ1話~100話 韓国ドラマ ネタバレ キム・ヘスク キム・ソヨン キム・ハギョン ユソン ホン・ジョンヒョン

全100話
演出   キム・ジョンチャン
脚本   チョ・ジョンソン

出演者・キャスト

キム・ヘスク・・・パク・ソンジャ
キム・ソヨン・・・カン・ミリ
キム・ハギョン・・・カン・ミへ
ユソン・・・カン・ミソン
ホン・ジョンヒョン・・・ハン・テジュ
キ・テヨン・・・キム・ウジン

あらすじ
3人の娘の母は大忙し。ソルロンタン社長もしながら母もしている。
長女にミソン(ユソン)は結婚していて子供もいながら働いている。
次女はキャリアウーマンのミリ(キム・ソヨン)。
三女は小説家志望でニートのミヘ(キム・ハギョン)。この4人の日常生活を描く。

13話
アナウンサー時代から知っているのでよく知っています。娘さんが1人いるとか。その娘さんはどうしてます?とミリ。
何故気になるの?とインスク。
気になることがあったら聞けと言ったので。とミリ。
遠慮がないのね。今はアメリカにいるとインスク。
ゴシップ好きの記者から守りたかったとインスク。
トイレで嗚咽するミリ。
インスクは帰りの車であんな質問をするなんて!と怒りに震えていた。
テジュは帰りにミリが一人で飲んでいるのを目撃する。
そしてミリと一緒に飲むことにするてテジュ。
テジュは夕飯を食べてなかったのでもりもり食べ始める。食べてるうちに悩みを話してくださいと言って。
ない!と言うミリ。
テジュは亡くなった母を忘れられないけど、父は完全に忘れて後妻と仲良く暮らしてると言う。
ミソンは夫に電話すると会社だと言う。会社に電話したら半休だといったと責めるミソン。
外回り知れるから無理だと断られる。が、自転車に乗る格好してるのですが・・・。
今日はソンジャが大量のキムチをつける日なのでミソンは遠慮したのだ。
しかし夫の断られたのでソンジャに娘のお迎えを頼む。
ミヘがウジンに二度と会いたくないとタンかをきって出たが元カレがミヘが契約したと思って出版社に挨拶に来たのだ。
結局ミヘは出版社で作家としてではなくアルバイトとして雇われた。
その代わり勤務後はここで小説が書きたいと交渉する。

スポンサーリンク

(Visited 70 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。