世界で一番可愛い私の娘 あらすじ ネタバレ 9話

スポンサーリンク

世界で一番可愛い私の娘 あらすじ1話~100話 韓国ドラマ ネタバレ キム・ヘスク キム・ソヨン キム・ハギョン ユソン ホン・ジョンヒョン

全100話
演出   キム・ジョンチャン
脚本   チョ・ジョンソン

出演者・キャスト

キム・ヘスク・・・パク・ソンジャ
キム・ソヨン・・・カン・ミリ
キム・ハギョン・・・カン・ミへ
ユソン・・・カン・ミソン
ホン・ジョンヒョン・・・ハン・テジュ
キ・テヨン・・・キム・ウジン

あらすじ
3人の娘の母は大忙し。ソルロンタン社長もしながら母もしている。
長女にミソン(ユソン)は結婚していて子供もいながら働いている。
次女はキャリアウーマンのミリ(キム・ソヨン)。
三女は小説家志望でニートのミヘ(キム・ハギョン)。この4人の日常生活を描く。

9話

テジュは家に帰ると社長のインスクがいた。お帰りと言うと微笑むテジュ。
会えて苦労する必要がないのにとインスク。
家政婦がる食ったものだけどと言って食事を用意するインスク。
ミリは気難しいかと聞くインスク。
ミリは母から捨てられた時のことを夢で見た。
そして起きてからも思い出して泣いた。
テジュはジムに来るとミリが来ていた。
テジュは社員証を忘れて困っていると、ミリを送ったときに忘れたことをもいだす。
ミリは新入社員が忘れるなんて!と嫌味を言う。
一緒に入れてくれとお願いすると、どっかでお酒を飲んできた?とミリ。
ミリは知らないのだ。
ソンジャは怒って帰ってきた。
ソンジャはミソンに電話してお前の義母とケンカしてきたと言う。
ミソンは私ん立場がないと言うとソンジャは私は言いたいことも言えないのかと怒る、
無知だと言われたと!!
ミソンは逆手に取り義母にこれからよろしくとお礼の電話をする。
焦った義母は息子に電話をして無知と言ったことが息子にも知られる。
三女のミヘの元彼が店に来た。
ミヘおじさんに作戦を間違えたなと言う。立派になって窮地を救う作戦だろうがミヘは純情でなく意地悪だと言う。
また付き合ってほしいと言えとおじさんに言われる。
母とケンカして飛び出したミヘを元彼が追いかける。
そしてミヘは嘘をつきまくる。今日契約したからハンコを押しに行くとか。。。そういってウジンの所まで送ってきた。
ミヘは事務所に入るとウジンから押し売りだと言われた。
怒って帰るミソ。
ミリはみんなが出したアイディアを社長が他の部署にやらせると言ったことを謝った。
皆が取り戻そうと言うのでミリはテジュにアイディアを求めると代表の判断が正しいと言う。会社の利益で考えたら企画部の方がいいと言う。
そんなことを考えないで私が用意したと?とミリ。
教育がなってないとテジュはミリが直接することになった。
ミリはテジュに仕事を沢山与えるので席につけないほどだ。
帰るとミリが待っていてまた仕事を言いつけられた。

スポンサーリンク

(Visited 50 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。