世界で一番可愛い私の娘 あらすじ ネタバレ 6話

スポンサーリンク

世界で一番可愛い私の娘 あらすじ1話~100話 韓国ドラマ ネタバレ キム・ヘスク キム・ソヨン キム・ハギョン ユソン ホン・ジョンヒョン

全100話
演出   キム・ジョンチャン
脚本   チョ・ジョンソン

出演者・キャスト

キム・ヘスク・・・パク・ソンジャ
キム・ソヨン・・・カン・ミリ
キム・ハギョン・・・カン・ミへ
ユソン・・・カン・ミソン
ホン・ジョンヒョン・・・ハン・テジュ
キ・テヨン・・・キム・ウジン

あらすじ
3人の娘の母は大忙し。ソルロンタン社長もしながら母もしている。
長女にミソン(ユソン)は結婚していて子供もいながら働いている。
次女はキャリアウーマンのミリ(キム・ソヨン)。
三女は小説家志望でニートのミヘ(キム・ハギョン)。この4人の日常生活を描く。

6話

ミソンは深いため息をつき落ち込んでいた。
ウジンは父の納骨堂に来ていた。1周忌だと言う。
だがウジンよりもミソが先に来ていてないていた。
ウジンはミソと入れ違いで入ると父とミソが撮った写真を見る。
ミソが落ち込んでいると元彼がサイン会をしていて騒がれてていた。
元彼はミソを見つけると近づき嫌味を言う。
ミソンがヘジャに会いに来た。
ミソンはお母さんに行ったんじゃなくて義母に行ったと謝る。
だからって義父母の前で私に怒鳴るの?とヘジャ。
しかしミソンは娘はヘジャがいると言うから・・私も楽じゃなかったと言う。
そして不満を言うミソン。
私も大変だと言うと、ヘジャは私より大変なのかと怒鳴る。
もう孫の面倒は見ないわ。この世で一番の馬鹿は孫を見てやる祖母だとか。
孫のだビンは姑に預けなさいと雪話す。
私が会社を辞めるとミソン
なんで私に言うの?とヘジャ。
お義母さんは本当にうんざりよとミソン。
そこにミリが来て謝れと言ったのにと言う。
家政婦を雇えと重ねて言う。
ミソンとヘジャから口を出すなと言われる。
そして2人とも顔も見たくないから帰れとヘジャ。
ミリは夕食を作り会社に帰った。ヘジャは伏せっている。
ミソが帰るとミリは手伝うか小説を書けと責める。
するとミソは店の手伝いから子供の面倒まで見てたら小説を書く時間がないと言う。
そして泣きながら出ていった。ヘジャはミリに早く帰れと怒鳴る。
ミソはお酒を飲むと原稿をウジンのとこに満っていき預かってみる。
ミリが会社に戻るとテジュが一人残業していた。パク代理はと聞くとテジュは先にパク代理は帰ったと言う。
ミリはパク代理が押し付けたの?それとも自分から志願したの?と聞く。
パク代理に押し付けられたわけじゃないとテジュが言うと、パク代理に渡せと言ったでしょう?とミリ。
ミリはテジュのプレゼンターを見てやり直しを命ずる。
しかしテジュは明日朝までに仕上げるので悪いとこを教えてくれと言う。
マンションまでついてくるテジュになか?と聞くミリ。
ここに引っ越してきたんですとテジュ。

スポンサーリンク

(Visited 48 times, 1 visits today)
Share

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。